Juju Lounge


2013年に、LAからWA州のちっちゃな離島に引っ越しました
by jujulounge
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2008年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

VALRHONA - Chocolate Demonstration



d0131653_10628100.jpg

d0131653_1055031.jpg
d0131653_106327.jpg

d0131653_1064690.jpg

d0131653_10101471.jpg

d0131653_1074140.jpg

先日、サンディエゴダウンタウンで開かれた、Valrhonaチョコレート主催の講習に出席してきました。 主な内容は、皿盛りテクニック、ディスプレイアイデア、チョコレートのデモンストレーション、テイスティングで、講師はクープ・ド・モンド出場経験のあるValrhonaチョコレート専属パティシェでした。 

デザートメニューは↓です (写真の順番と同じ):

1 Stwawberry Melba Transparence (マシュマロ、 シュトロイゼル、 ガナッシュ)
2 Carissimo (クランチー へーゼルナッツ、コーヒークリームスパゲッティ、 シュトロイゼル)
3 Banana Caramel & Pine Nut Layers
4 Olive Oil Variations (Olive Oil ガナッシュ)
5 Tan Dance (chocolate cake、 chocolate liqueur パール、 guava cream)

デモを観たり、試食して感じたことは、食感とデザートの温度バランスがよいこと。
一皿で、クリーミー、クランチー、それとは別の食感が味わう事ができ、程よい温度でした。 後、オリーブオイルのガナッシュは始めて食べるコクのある味で、塩味がきいてました。

Tan Danceに使われるchocolate liqueur パールは、オイルの中に(注射器に入った)chocolate liqueurをポトポト落としてパールに仕上げてました(写真参照)。 見た目はイクラ、食感もプチっとした食感で、なんとなくイクラっぽい感覚で面白かったです。 

プロの技術を目の前で観察できたのは私にとっていい勉強になりました。
[PR]
by jujulounge | 2008-04-24 10:02 | Pastry クラス

ひとりごと

つい最近まで心のゆとりがなかったわたし。 
でも、お友達が貸してくれてた舛田 光洋著者の「そうじの本」がきっかけで常にこうありたい
自分に戻りつつあります~♪ 
その本を読み出したきっかけは借りっぱなしだったので”早く返さなきゃっ!” でした(>m<)ぷぷっ 
寝室で何気なく読み始め、もう一度寝室を見回してみると床上、キャビネットの上、ライト
スタンドの上、あらゆる場所に物があふれていたのです。 居ても立っても居られなくなり、窓を
開けて無心で整理整頓、掃除を始めました。 

とても単純なことですが、部屋がキレイになると、気持ちまでスッキリしてきたのです。  
翌日は、クローゼットの扉を磨き、そしてまたその翌日はトイレ掃除、今度はキッチン、庭、
ダイニング、ガレージへ。。。。 本当に少しずつなのですが、そうじをしていると、色んな人への
感謝の気持ちがあふれたり、気持ちが浄化されるような感じなのです。

今日(水曜日)は私にとって仕事始めの日。 
いつもなら忙しいを理由で整理整頓などしないのですが、自分の部署を少し磨きました。
そしたら(偶然かもしれませんが)本来なら時間がかかって翌日まで持ち越してた仕事が
短時間で片付き、今日中に仕上げることが出来たのです。 それは自分への喜びだったの
ですが、上司からも「よくやった」と褒められ、嬉しい気分になりました。 プラス、ギクシャク
してた上司との人間関係もよくなりつつあります。

今はそうじの本と平行に別の本も読み始めてます。 その本の中から一節、、

「無為・むい」 - まっさらな心に戻る

何も生み出さないこと。無意味なことではなく、心の中の汚れがなくうなり、こだわりや束縛と
いったものから脱した自由自在な境地をいいます。 苦手な相手には、「苦手だ」と思い込んで
接していることが多いもの。 一度、「無為」とまではいかなくても、まっさらな気持ちで接して
みると、その人の違った側面が見えてくるかもしない、、、、。
[PR]
by jujulounge | 2008-04-16 10:06 | 暮らし

Springtime

d0131653_4173020.jpg

d0131653_4184329.jpg

d0131653_419715.jpg

d0131653_4192939.jpg


シアトル旅行、春休みで数週間ブランクがあったお料理教室。 
久々に先生、お友達と会えて嬉し&楽しかった~♪♪
季節感の少ないサンディエゴも、なんとな~く春っぽいので、テーマは「Spring Time」。
メニューは:

* Bacon Wrapped Cornish Hens with Raspberry Balsamic Glaze
(コーニッシュ ヘン鶏のベーコン巻き、ラズベリー&バルサミコ酢ソース)

* Spinach Salad with Orange and Warm Goat Cheese
(ほうれんそうとブラッドオレンジのサラダ ゴートチーズ添え)

* Caramelized Shallot and Sage Mashed Potatoes
(エシャロットとセージのマッシュポテト)

* Penne with Greens, Olives and Feta
(グリーン、オリーブ、フェタチーズ、ペンネサラダ)

* Baked Artichokes with Gorgonzola and Herbs
(ゴルゴンゾーラ、ハーブ詰め、アーティチョーク)

* Blackberry Crumbles
(ブラックベリー クランブル)

私達のグループは、マッシュポテトとペンネサラダ担当。  そしてホスト係り。
私は最近の試作トリュフを持参。 韓国人のクラスメイトは、韓国料理をおもてなし。
クレープみたいなのに、色んな具(しいたけ、たまご、お肉、きゅうりなど)を巻いてしょうゆをか
けて食べるんだけど、ヘルシーで美味しかった~♪

マッシュポテト作りはエシャロットをじーっくり時間をかけてソテー。塩は最初に入れると玉ねぎの水分が出てしまうので最後の方に入れると良いそうです。

コーニッシュ ヘン鶏のお料理は、最高に美味しかった~(T-T) お肉柔らかいし、外側のベー
コンはカリカリだし、ソースはラズベリーの甘みとバルサミコ酢の酸味が絶妙で最高だった(涙)
ああ、、、また食べたい。。。

写真の最後は、アーティショークにハーブを詰める前に、シェフが中心の繊維部分を取り除い
てる一枚です。
[PR]
by jujulounge | 2008-04-15 03:54 | Cooking クラス